普段飲んでいる水も、体の中で様々な循環をしています。

飲水の大切さについて考えて、体のためにも意識的にウォーターサーバーの水を飲むようにしましょう。

人間は体内に水の循環システムをもつことで生命を維持します。体のトラブルもそんなシステムの変調が招きよせます。もつと水を見直して心も体も健康に! 体内を巡る大量の水。この循環システムに支障をきたすと私たちの体はどうなるのでしょうか。

消化吸収は水に溶けた物質の化学反応というカタチで進行します。水の循環が良好でないと十分な栄養素がとれなくなり、風邪をひきやすい、疲労感が抜けないなど、体調不良に陥ります。

また体脂肪の燃焼がうまくいかなくなるので、肥満になりやすく、さらに体外に有害物質や老廃物を排出(デトックス)できにくくなって、さまざまな疾病を招く結果にもつながります。

なかでも恐ろしいのが、脳梗塞や心筋梗塞といった日本人の死因の上位を占める病気でしょう。 どちらも原因は血管のつまりです。血管の壁にコレステロールや過酸化脂質が付着することで血流が滞りがちになり、そこに血栓(血液が凝固したもの)かつまることで、ある日突発的に発症します なお、ロングフライト時に起こることで知られるエコノミークラス症候群(肺動脈血栓塞栓症)も、長時間の着席時に脚部にできた血栓が肺の血管につまることで生じます。これも死に至ることの多い怖い病気です。

血管がつまったり血栓ができたりする理由は、いわゆるネバネバ血。血液粘度の上昇がもたらします。 そして、血液のドロドロを引き起こすのが水の体内循環システムの乱れというわけなのです。

加えて、くも膜下出血や糖尿病、高血圧、腎臓炎、膀胱炎……。実はこれらの生活習慣病を筆頭に数多くの疾病に体内の水循環の狂いが関与しています。まさにド囗ドロ血は万病の元といっていいでしょう。

体内の水循環システムを活性化することで病気の要因を取り除き、健康な体を維持できるのです。

その点、フレシャスの水は、バナジウム天然水なので、健康を考える上では最適な水です。

サントリー(株)が首都圏の男女500人を対象に毎年行っている調査があります。「この1年間に利用した飲み水は」という問いに、91・6%の人がミネラルウォーターと回答しています。水分補給はミネラルウォーターで。そんな図式が完全に定着したといえるでしょう。

 日本ミネラルウォーター協会の調査では2007年度の国内消費量は250万一kl(前年比106%)。10年前に比べて市場は約3倍に膨らんでいます。1人あたりの消費量も順調に推移して、2007年度は19・6Lにまで成長してきました。

外出の際にもミネラルウォーターのペットボトルを持ち歩く――。今やそんな光景は珍しいものではなくなりました。

現在では国産、輸入品をあわせるとミネラルウォーターの種類は500を超えます。でも、個人消費はまだヨーロッパの10分の1でしかなく、今後の成長が見込めると業界各社は力をいれます。

ミネラルウォーターはひと口にいって地中の鉱物(ミネラル分)が溶け込んだ地下水。含むミネラルの量、比率も千差万別で、純水に近いものからふんだんにミネラル分を含有するものまでバリエーションに富みます。

ところが、「ミネラルウォーター」の解釈が各国でまちまちだったり、教育現場で「日本の水はミネラルウォーターではない」という指導がなされているため、「ミネラルウォーターとは?」の問いに回答がひとつではないのも事実です。

日本では農林水産省が発表しているガイドラインにもとづいて、いろいろなタイプのミネラルウォーターが存在します。ミネラルが溶け込んでいなくても「ミネラルウォーター」と呼ぶケースもあります。口あたりも製品によって差があり、性格や成分のちがいを意識して選択する必要があります。

ウォーターサーバーの利点

ウォーターサーバーの水を飲み始めて、つくづく思うのは、飲料水って大事だなと感じます。

水道水を飲んだり、浄水器を付けたりするのもいいんですが、できるなら避けたいです。

ウォーターサーバーの水は、不純物を一切除去されていますので安全安心です。赤ちゃんのミルクにも最適です。

天然水のウォーターサーバーであれば、バナジウムが含まれていますので、糖尿病の方にも効果があると言われています。

また、RO水の場合は、料理に使うと、出汁を上手く活かし美味しい料理が作れます。

ウォーターサーバーの利点は数え上げたら、きりがないほどです。

水の効果 ~便秘解消から美肌効果まで威力発揮~

水の大切さは次のことからもよく分かります。

血液粘度を下げ血栓や血管のつまりを防止し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを回避させる――。加えて水には次のような効用も期待できます。

血中の尿酸値が高くなることで起きる痛風も、たくさん水を飲み、排尿量を2L超にすれば発症を防げるといわれています。

また激痛をもたらす尿路結石も、水を豊富にとることで、結石がまだ小さいうちに体外に排出することができるのです。膀胱炎はとくに女性に多く見られる病気ですが、普段から水分を十分に補給して尿を多量に排泄することで、尿道や膀胱にたまった細菌を洗い流せるため、予防や治療にプラスになります。同じ理由から膀胱ガンの発病率も下がります。腎盂炎、腎臓炎もアクティブドリンキングが予防策として有効です。 さらに大腸を刺激するため便秘が解消され、肌荒れも改善されてくすみ、小ジワ、クマができにくくなります。美容面でも水分補給は重要です。

水の食欲抑制効果も見逃せません。お腹がすいたときに水を飲めば、間食をしないでもすむでしょう。それもノンカロリーですから、ダイエットに最適。新陳代謝も向上し、体脂肪燃焼の効率がよくなってダイエットもしやすくなるはずです。なお、ダイエット中は食物から摂取すべき水分が不足がちになるので、2L以上の水分を摂取する必要があります。

ちなみに、水には神経の鎮静作用があることが知られていて、ストレスや不眠にも有効です。ストレスといえば、心的疲労により血栓ができるストレス多血症がありますが、もちろん水は血液濃度を下げてくれます。水分を補給することでストレス多血症さえ軽減できるのです。

ところで、アトピー性皮ふ炎や糖尿病は今や社会問題といえるほどの増加ぶり。悩みを抱えている人も少なくありません。そんな病気にも水分補給は一定の成果があるといったらどうでしょうか。体内の水循環システムを改善すれば体の活性度がアップします。病気を治すための体質を孥λるという意味で、水を積極的に飲むことは極めて効果的といえます。

肩こりゃ頭痛、リウマチ……。水の効用はまだまだあります。水にはストレスの緩和作用があるので、禁煙中の禁断症状を癒してくれます。禁煙プログラムに水を取り入れると成功率は上昇するでしょう。

アルコールを飲むときも、前と後、さらにアルコールと同じ分量の水を一緒にとっていれば、肝臓が保護され、二日酔いにもなりにくくなります。

水分補給は細胞内の水分保持にも一役かいます。老化は乾燥のプロセスといわれ、年齢を重ねると細胞は水分量の低下を起こしまずが、水を飲む習惧をつけることで体の「乾燥」を防止して老化を遅らせることができるのです。 まさにウォーターパワーの奇蹟、「水は万能の妙薬」といわれる理由がこれでご理解いただけたでしょう。