保険会社は加害者の代行者なので、一般的には賠償額を低めに見積もってくる傾向にあります。また、保険会社は賠償金額について査定基準を設けており、その範囲から踏み出すことはなかなかありません。

しかし、査定基準に拘束力はないので、提示内容に納得できないなら、保険会社の社員との交渉を拒絶してもかまいません。この場合、保険会社の弁護士が交渉に臨んできます。弁護士は保険会社の社員ではないので、査定基準にとらわれず、対応ができます。交渉しだいでは、あなたが納得できる賠償額が提示されるかもしれません。

それでも納得できず、相手方との直接交渉を拒絶した場合、日弁連交通事故相談センターや交通事故紛争処理センターによるあっせんで解決を試みる方法があります。この2 つの機関は相談を受け付けてくれるだけでなく、必要に応じてあっせんも行ってくれる点が特徴です。

どちらも、弁護士が無料で示談のあっせん( 弁護士が中立の立場で被害者と加害者の間に入り、示談が成立するように援助をすること) をしてくれます。なお、被害者が、あっせん案とそれに続く審査会の審査結果に納得できず、あくまで納得できる賠償額を請求したいというのであれば、提案を拒否することになります。この場合、被害者は調停を利用するかヽ弁護士に依頼して裁判所に民事訴訟を提起することになります。

相手は保険の知識に詳しいプロ、被害者は素人同然、この状況でで公平な交渉は難しいでしょう。そこで妥当な解決を図るために、示談あっせんをしてくれる交通事故専門の相談センターなど裁判外の紛争処理機関を活用するべきです。交通事故に関する紛争を処理する代表的な機関としては、(財) 交通事故紛争処理センターと( 財) 日弁連交通事故相談センターがあります。

目的に応じて上手に利用する示談あっせんの前に、まずはトラブルの内容を相談することになります。そこで、まずは日弁連交通事故相談センターと交通事故紛争処理センターの機能の違いをみていきましょう。

相談機関の示談あっせんを積極的に利用すべき

交通事故については、当事者双方に過失や損害があることも多いので、任意保険の保険会社間の示談交渉で解決する場合も多いようです。しかし、自らが一方的な被害者の場合には被害者は自分で示談交渉しなければなりません。

この他、保険金・共済金をめぐる加入者と保険会社・共済組合との間で生じた紛争を解決する機関として、自賠責保険・共済紛争処理機構もあります。(財) 交通事故紛争処理センターと( 財) 日弁連交通事故相談センターの相談費用は無料です。専門の弁護士が相談に応じています。面接相談は日弁連交通事故相談センターでも、交通事故紛争処理センターでも実施しています。

① 電話相談の可否日弁連交通事故相談センターは面接相談だけでなく、電話相談も受け付けています。電話相談を実施しているのは、原則として本部と東京・札幌・熊本・福井・山口の各相談所です。電話で相談できる時間は10分程度なので、電話での回答が困難な相談は控えたほうがよいですが、電話相談が紛争解決の足がかりとなることもあり得ます。簡単な相談であれば利用してみるとよいでしょう。一方、交通事故紛争処理センターでは電話相談は実施していません。

② 予約制か先着順か面接相談は日弁連交通事故相談センターでも、交通事故紛争処理センターでも実施しています。交通事故紛争処理センターの方はすべて予約制なので、あらかじめ電話予約しなければなりません。東京本部では第1回の相談日まで1 か月程度の待ち時間が必要です。

相談時間は1 時間程度です。一方、日弁連交通事故相談センターは、場所によって予約制を採用しているところと先着順で相談を受け付けているところがあります。先着順制を採用している相談所は、当日早めに行けば相談が受けられます。相談時間は30 分程度です。また、日弁連交通事故相談センターは無料相談できる回数にも制限があります。回数は地域ごとに異なりますが、東京では無料相談回数は5 回までです。

③ 相談内容についてどちらの相談機関も交通事故のトラブルを扱っているという点では共通です。しかし、両者は中心的に扱う問題の種類に違いがあります。交通事故紛争処理センターは示談あっせんが中心的業務なので、目的が示談あっせんに定まっている人が利用すべきです。逆に示談あっせんには至らない、もしくは示談あっせんと直接関係のない単なる法律相談は日弁連交通事故相談センターを利用すべきです。

自動車保険のを安く見積もりするにはこちらが参考になります。

ここまでシェアを拡げ、一般家庭に完全に浸透しているローヤルゼリーなのに、実際にローヤルゼリーがどういう水を指しているのか、何かローヤルゼリーの基準なのかについては、ほとんど知られていません。もしあなたが「ローヤルゼリーつてなんですか?」と質問されたら、なんと答えますか。おそらく「ミネラルのたくさん入った水」とか「おいしい水」「体にいい水」などと答えるのではないでしょうか。

もちろん、そうした見解が全く間違っているわけではありません。ただ、残念なことに日本では、天然自然の水ではないもの、成分にミネラルをほとんど含まないものでも、ローヤルゼリーの一種として販売されているのが現状です。1990年に農林水産省が出した「ローヤルゼリー類の品質表示ガイドライン」によると日本のローヤルゼリー類は、4つの種類に分けられています。

まず、特定の水源から取水し九地下水に加熱や濾過といった殺菌(除菌)がほどこされたものを〈ナチュラルウォーター〉といい、この中でミネラルが地下で自然に溶け込んだものを〈ナチュラルローヤルゼリー〉といいます。そして〈ナチュラルウォーター〉と同じ地下水が水源であっても複数のミネラルを混ぜ合わせたり、人工的にミネラルを添加したりしたものを〈ローヤルゼリー〉と呼びます。それ以外の水、つまり地下水以外の地表水や水道水などを水源としたものはすべて〈ボトルドウォーター〉と呼んで区別しています。このガイドラインは業者向けに作成したものなので、一般の人にはまぎらわしく、ちょっと目を通したくらいではわかりにくい内容となっています。ただ、私たちがイメージしているローヤルゼリーという言葉のピュアなイメージとは、ちょっと違うものだということがおわかりでしょう。

このガイドラインの大きな特徴は、水に含まれるミネラルの量について全く触れられていないということです。だからほとんどミネラルが含まれていない水でも、堂々と〈ローヤルゼリー〉と名乗ることができるわけです。もっと疑問に思うのは、ミネラルを後から人工的に添加したり、複数の水源の水を混ぜたりすることが認められている点です。これだけでローヤルゼリーを自然の水と呼ぶことはできなくなります。

おすすめのローヤルゼリーはこちらを参考に

ウォーターサーバーの水は健康にいいと評判です。血液の粘度が高くなりすぎると、血管内をスムーズに流れなくなり、固まりやすくなってしまいます。これが動脈硬化や血栓を引き起こす原因です。また、ドロドロの血液を送り出すために心臓に負担がかかり、血圧も高くなるため、心臓病や高血圧症の原因にもなるのです。

この血液の粘度と、直接関係しているのが体内の水分です。体の水分量が低下すると、血液中の水分量も低下するからです。だから水を十分に補給することは、血液の粘度を下げることにつながります。そして、それが成人病の予防にも役立ちます。水を飲むことが病気予防に役立つ理由にはもうひとつ、尿として老廃物を体外に出してくれる作用があります。

老廃物は、いわば体のゴミです。きちんと体外に捨てていれば問題はないのですが、捨てないまま溜めこんでいると、やがてそれが病気の引き金になります。たとえば尿毒症という病気は、尿の出が少なく体内に老廃物が溜まることによって起きますし、女性に多い膀胱炎も、膀胱の中に入りこんだ大腸菌が尿によって排泄されずに増えてしまった結果起きる病気です。また、尿の成分が結晶化して詰まってしまう尿路結石や腎臓結石と呼ばれる病気も、水分摂取量が少なく尿を溜めこみすぎたことが原因で起こります。

人間は健康であれば、腎臓がスムーズに働きますから、それほど注意していなくても、老廃物を自然に出してくれるのですが、体調を崩していたり、恥ずかしいからとトイレに行くのを我慢していたりすると、やがてこうした病気が起こります。

これを予防するためには、こまめな水分補給を心がけましょう。水をたくさん飲むことが、尿の量を増やし老廃物の排出を促進する最も確実な方法なのです。腎臓や尿路の結石はひどい痛みを伴う病気として知られていますが、こうした結石も大きくなる前であれば尿の量を増やして勢いよく排尿することで、外に出してしまうことが可能です。ほとんどの人は、生きているうちに大きな病気を何回かは経験します。将来、成人病で苦しまないためにも、積極的に水を飲むことが大切なのです。

ウォーターサーバーおすすめ比較はこちらです。

統計によれば、ミネラルウォーターの平均消費量(ひとりあたり1年間にどのくらい飲んでいるか)は、6・3リットルにも達しました。これは前年比133 パーセント増という驚くべき数字です。国民ひとりあたり6リットル強というと、ずいぶん少ない感じがしますが、これは日本全国の赤ちゃんからお年寄りまでを含めた平均値。

ミネラルウォーターは良質な飲み水に恵まれている地方ではほとんど売れていませんから、水道水に問題を抱えている東京や大阪の、20~30 代の人々だけで統計を取れば、おそらく年間何十リットルという数字になると考えられます。ミネラルウォーターがここまで消費量を増やしている背景には、まず“用途の多様化”ということが挙げられます。

ほんの15年ほど前まで、日本でミネラルウォーターといえば、ウイスキーの水割り用の水のことでした。それが家庭用の飲料水として認知されるようになったのは、1983 年に発売された〈六甲のおいしい水〉がきっかけです。この〈六甲のおいしい水〉が華々しいテレビコマーシャルと共に登場するまで、日本でミネラルウォーターを一般市民に定着させるのは不可能と考えられていました。それまでの日本では「水と安全はタダで買える」という考えが常識でしたから、ヨーロッパ諸国のように「お金を出して水を買う」という習慣が日本人に普及するとは、誰も想像していなかったのです。

ところが、そうした予想に反して〈六甲のおいしい水〉は大成功をおさめました。それは、この商品の発売と前後して、それまで日本人が「世界一の水」と誇りを抱いていた囗本の水道水に、トリハロメタンやトリクロロエチレンといった発ガン性物質が含まれていることが、さまざまなメディアで報道されるようになったことと関連しています。つまり、日本でミネラルウォーターがその市場を拡大した最大の理由は「水道水への不信感」にあったのです。

健康に不安を感じる人たちが”水道水の代用品”として買い求める、それがミネラルウォーター普及の第一歩でした。しかし、1990 年代に入ってからは、大分事情が変わってきました。バブル時代に起こったグルメブームによって、それまで水道水の代用品だったミネラルウォーターが、一躍、食生活のフィールドでも注目されるようになったのです。

料理に向く水、コーヒーがおいしくなる水などと、用途に応じたミネラルウォーターの使い分けがなされるようになってきたのもこの頃からです。そして、1993 年には、コンビニェンスーストアで輸入ミネラルウォーターのミニボトルが販売されるようになり、ミネラルウォーターを片手に町を歩く若者の姿がごく自然に見受けられるようになりました。また同時期にミニボトルを入れて首から提げる″エビアンボトルホルダ1”が登場し、流行となったのは、まだ記憶に新しいところです。

ここ数年では、スーパーモデルや有名芸能人のインタビューなどがきっかけとなって、ミネラルウォーターのダイエット、美容への効果が若い女性の注目を集めています。とりわけ。スリムウォーター”として話題となった〈コントレックス〉の存在は、水とダイエットとの関係を大きくアピールしました。最近では、なんと洗顔や歯磨きにまでミネラルウォーターを使うという人が増えているといいます。こうした。用途の多様化”こそが、ミネラルウォーター市場の急成長の理由です。すでにミネラルウォーターは”水道水の代用品”から。生活必需品”へと大きな進歩を遂げているのです。

近年、水道水の問題が叫ばれています。

トリハロメタン、放射能など問題は山積ですが、ウォーターサーバーを導入する家庭が増えているのは、このような問題も一因です。

利用者の不安に応えて、給水する側の行政はいち早く正確な情報を公開すべきなのに、当時の厚生省にはそのような意識はほとんどなく、情報の公開や説明が十分行われなかった。行政の対応は鈍かったが、マスコミの反応は極めて早く、新聞や週刊誌、テレビのワイドショーなどで相次いで大きく報道された。これらは飲み水の危険性を告発する学者や環境団体の情報をもとに、かなり誇張して報じたものが多かったが、行政側の説明や反論もなく、水道水に対する人々の不信感は1層増大した。さらに関連の図書として、『水道水は、飲んではいけない』『飲み水が危ない』『いま、飲み水が恐ろしい』『死の水道』『遺伝子を撃つ水道水』といったショッキングなタイトルの本が相次いで発刊されたが、これを見れば誰でも水道の水を飲む気になれなくなる。

事の重大さをようやく認識した厚生省は、一九八〇年から全国的なトリハロメタンのモニタリングを開始し、一九八一年に厚生省通達で制御目標値を、一リットル中に○ ∴ ミリグラムに定めた。この数値以下ならガンになる心配はないという確証はなかったが、アメリカのUSEPA が決めた基準に追随する形でとりあえず発表した。水道水の水質基準にトリハロメタンの検査項目はなかったため、一九九三年度末の改訂でクロロホルムが、一リットル当り○・○六ミリグラム、総トリ(ロメタンが0.1ペリグラムに決めて基準項目に追加した。トリ(ロメタン騒動が起きてから、目標値が決まるまでに七年、水質基準が決まるまでに約二〇年もかかったわけだ。

一〇〇年以上の歴史を持つ近代水道では、始めから消毒剤として塩素が使われていたが、昔は今ほどカルキ臭が問題にされなかった。水系伝染病が恐れられていた時代は、カルキ臭があるから水道の水は安全と考え、かえって安心して飲んでいた人も多かった。しかし最近になってカルキ臭が強くなったため、不快に感じまずいという人が増えてきた。

最近では、水に対する消費者の目が厳しくなっています。

コンビニやスーパーでは、ペットボトルに入ったミネラルウォーターが売られているのは、当たり前です。

また、ウォーターサーバーなどが手軽に導入できるようになりました。

なぜ、今まで安全と言われてきた水道水に対するアレルギーが出来てしまったのでしょうか?

ひと昔まえ、「鉄管ビール」という言葉があったが、今では知る人は少ないだろう。これは夏の炎天下に、練習に汗を流した運動部員が、休憩時間に運動場の片隅にある水道の蛇口から直接口飲みして、「あ1 うまい、これこそ鉄管ビールだ」と叫んだことから、言われるようになったという。

しかし今では、いくら喉が渇いても蛇口に口をつけて飲む若者はいない。彼らはバックに用意された、ペットボトル入りのお茶やミネラルウォーター、スポーツドリンクで渇きを癒す。水道水をそのまま飲むことに抵抗を感じ、ペットボトル入りの水を愛飲するのが現代人のライフスタイルになってしまったが、水道水を飲まない原因として、「味のまずさ」「不快な臭い」など、風味についての不満をあげる人が多い。安全でおいしい水を給水するのが水道の役目のはずなのに、なぜその条件が満たされなくなってしまったのだろうか。

・水道水の異味・異臭事件

一九七〇年ごろから、水道水が「かび臭い」「生ぐさい」という苦情が、関西の琵琶湖や関東の霞ヶ浦を水源とする地域で発生し、以後全国的に広がり、水道水の異臭味問題として、その原因の究明と対策に水道関係者は追われることになった。

カビ臭、生ぐさ臭などは、植物性プランクトンや微生物の異常発生によって生じる臭いが主な原因と分った。具体的には、カビ臭の原因となる物質をつくるのは、藻類と放線菌類の一部、一方生ぐさ臭の原因は、黄金藻類の仲間のプランクトンと特定された。またこれらの藻類やプランクトンは、有機物や窒素、リンなどの栄養塩類が多く含まれる水域で発生することも分った。これを水の富栄養化現象と呼んでいる。富栄養化は生活排水や農業排水が湖や川に流れ込み、栄養塩類が過剰になるために起こる現象で、水の汚染によって生じるものだ。

カビ臭の原因となる物質には、2-メチルイソボルネオール、ジェオスミンなどがあるが、水に含まれている量はわずかで、ナノグラム( 一〇億分の一グラム) 単位で健康上は問題ない。ところが二〇~三〇ナノグラム含まれているだけで、多くの人が不快に感じるので厄介だ。従来の浄水処理方式では、このように微量に含まれているものはなかなか取り除くことができない。

活性水は専門的には「機能水」と呼ばれているもので各方面で注目され研究が進められている。研究が進むにつれて、その機能や新しい効用が明らかになってきたが、依然解明されないものも多い。例えば磁化水については、水に含まれる錆や鉄分を除く効果は早くから知られ、ボイラー用水の処理に利用されていたが、水分子の集合体(クラスタ)が細かくなるという根拠や効果については、科学的にまだ十分解明されてはいない。またクラスターの細かい水がおいしいか、体によいかについても、裏付ける実証データも不足していて、なんとも言えない。

活性水には人工的に合成された鉱物や、自然の鉱物と接触させたものが多いが、鉱物の組成が水の活性化にどのような働きをするのか、そのメカニズムが科学的に検証されているものは少ない。経験的にある種の鉱物に水を変える働きがあるということで、使われているケースが多いが、自然の鉱物だと成分にばらつきもあるので、効果がほとんどない場合もある。殺菌力がある、植物の生長が早い、切り花が長持ちするなどの効果について、活水器を使ってテストしたところ、ほとんど効果が認められなかったという報告もある。

活性水の効果については、注目すべきものも多く、その解明や利用が進むことが期待される。しかし今販売されている活水器の中には、まだ十分実証されていない理論を先取りして商品化され、裏付けの乏しい効用を謳っているものもあるので、セールストークに誘われて飛びつかない方がよい。

都市に住む人のほとんどは、「水道水は、まずくてとても飲めない」と思っているが、目かくしテストで水道水とミネラルウォーターを並べて聞き水をしてもらったところ、水道水がおいしいと答えた人が多かったという。飲み水についても、先入観やイメージが先行して、実体とかけ離れた選択をしている消費者が多い。正しい情報が不足しているという問題もあるが、「なんとなく体によさそうだから」といった、イメージだけで選択する消費行動は、考え直す必要がありそうだ。

ウォーターサーバーの利点

ウォーターサーバーの水を飲み始めて、つくづく思うのは、飲料水って大事だなと感じます。

水道水を飲んだり、浄水器を付けたりするのもいいんですが、できるなら避けたいです。

ウォーターサーバーの水は、不純物を一切除去されていますので安全安心です。赤ちゃんのミルクにも最適です。

天然水のウォーターサーバーであれば、バナジウムが含まれていますので、糖尿病の方にも効果があると言われています。

また、RO水の場合は、料理に使うと、出汁を上手く活かし美味しい料理が作れます。

ウォーターサーバーの利点は数え上げたら、きりがないほどです。

水の効果 〜便秘解消から美肌効果まで威力発揮〜

水の大切さは次のことからもよく分かります。

血液粘度を下げ血栓や血管のつまりを防止し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを回避させる――。加えて水には次のような効用も期待できます。

血中の尿酸値が高くなることで起きる痛風も、たくさん水を飲み、排尿量を2L超にすれば発症を防げるといわれています。

また激痛をもたらす尿路結石も、水を豊富にとることで、結石がまだ小さいうちに体外に排出することができるのです。膀胱炎はとくに女性に多く見られる病気ですが、普段から水分を十分に補給して尿を多量に排泄することで、尿道や膀胱にたまった細菌を洗い流せるため、予防や治療にプラスになります。同じ理由から膀胱ガンの発病率も下がります。腎盂炎、腎臓炎もアクティブドリンキングが予防策として有効です。 さらに大腸を刺激するため便秘が解消され、肌荒れも改善されてくすみ、小ジワ、クマができにくくなります。美容面でも水分補給は重要です。

水の食欲抑制効果も見逃せません。お腹がすいたときに水を飲めば、間食をしないでもすむでしょう。それもノンカロリーですから、ダイエットに最適。新陳代謝も向上し、体脂肪燃焼の効率がよくなってダイエットもしやすくなるはずです。なお、ダイエット中は食物から摂取すべき水分が不足がちになるので、2L以上の水分を摂取する必要があります。

ちなみに、水には神経の鎮静作用があることが知られていて、ストレスや不眠にも有効です。ストレスといえば、心的疲労により血栓ができるストレス多血症がありますが、もちろん水は血液濃度を下げてくれます。水分を補給することでストレス多血症さえ軽減できるのです。

ところで、アトピー性皮ふ炎や糖尿病は今や社会問題といえるほどの増加ぶり。悩みを抱えている人も少なくありません。そんな病気にも水分補給は一定の成果があるといったらどうでしょうか。体内の水循環システムを改善すれば体の活性度がアップします。病気を治すための体質を孥λるという意味で、水を積極的に飲むことは極めて効果的といえます。

肩こりゃ頭痛、リウマチ……。水の効用はまだまだあります。水にはストレスの緩和作用があるので、禁煙中の禁断症状を癒してくれます。禁煙プログラムに水を取り入れると成功率は上昇するでしょう。

アルコールを飲むときも、前と後、さらにアルコールと同じ分量の水を一緒にとっていれば、肝臓が保護され、二日酔いにもなりにくくなります。

水分補給は細胞内の水分保持にも一役かいます。老化は乾燥のプロセスといわれ、年齢を重ねると細胞は水分量の低下を起こしまずが、水を飲む習惧をつけることで体の「乾燥」を防止して老化を遅らせることができるのです。 まさにウォーターパワーの奇蹟、「水は万能の妙薬」といわれる理由がこれでご理解いただけたでしょう。