「…… 人間の血液は弱アルカリ性のときは健康であるが、酸性に傾くときは抵抗力が弱化して病気にかかりやすいといいます。

そこで、毎日の食生活に酸性である白米・砂糖・動物性脂肪を断ち、アルカリ性食品である海藻・山イモ・豆・麦・梅干に重点を切り替えるよう韓国の知人にすすめられました。

当時、私の父も八〇歳を超えており、やはりアルカリ性の食事を主体にし、さらににんにくを黒焼きしたものを長年服用して健康に恵まれておりました。

その知人は、『ローヤルゼリーの服用こそ鬼に金棒であり、日本には世界的権威の井上先生のローヤルゼリー研究所から発売のローヤルゼリーがある。ぜひ常用するよう』と、資料を添えてくれました。そこで、ローヤルゼリーを三年間、毎日二さじ、就寝前に服用を続けさせていただきました。ローヤルゼリーの効用は

(1)糖尿病が全治した
(2)頭髪の抜毛が減少した
(3)肩のこりを感じなくなった
(4)快食・快眠・快便で活力が出て、精力旺盛になった
などです。

また–ローヤルゼリー 自律神経–がよくなることでも知られています。

「私は、十数年来、ちょっと歩くと口が乾き、神経痛で悩んでおりました。朝から晩までお茶ばかり飲んでおり、体が疲れやすく、すぐ横になるありさまでした。これも年のせいと思っておりました。朝の寝ざめが悪く、お医者にみてもらったところ、立派な糖尿病といわれました。

入院するようすすめられましたが、仕事の関係上入院できず悩んでおりました。友だちからローヤルゼリーをすすめられ、一ヵ月間飲みつづけたところ、目もはっきりし、かさかさの皮膚にツヤが出て便秘もなくなりました。今は風邪も引かず、体のかゆみもなく気持ちよい毎日を過ごさせていただいております。

一生しあわせな毎日を送れそうで感謝しております」「私の二六歳になる息子が、糖尿病・高血圧・視力障害と、いろいろの合併症の難病にかかり、親としては途方に暮れる毎日でした。

ただ今は、入院生活を送って療養中でございます。合併症のため、食事制限もありますので困っておりましたが、ローヤルゼリーを愛飲して二ヵ月、体のほうの経過は順調によくなってまいりました。もっと続けるときっともとの健康体になることと期待しております」それぞれ、糖尿病に効いたと感謝の手紙をいただきました。

これらのほかにも、糖尿と肝機能減退でマッサージ治療を受けていた女性がローヤルゼリーを飲んで全快したと報告してきています。傑作なのは、このマッサージ治療の療院主が一〇年来の糖尿病に悩まされているというもの。

患者からローヤルゼリーをすすめられ、ご自分でも服用、体力が回復して喜んでいるとていねいな書状をもらいました。治す立場の人が患者ともどもローヤルゼリーに助けられているというケースです。

この療院主は、患者のことばに謙虚に耳を傾け、愛用し、さらに礼状をよこしたのですからその姿勢はご立派というほかはありません。昔から「医者の不養生」ということばがあります。患者の病気のこととなると一生懸命になるのに自分の体のこととなると、ついつい忙しさにかまけてしまうというもの。

癌の権威が自分のガンに気づかなかったなどということがあります。医師であっても病気にかかることはあります。そんなとき、患者のことばに耳を貸す余裕が欲しいとつくづく思うのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now