ここまでシェアを拡げ、一般家庭に完全に浸透しているローヤルゼリーなのに、実際にローヤルゼリーがどういう水を指しているのか、何かローヤルゼリーの基準なのかについては、ほとんど知られていません。もしあなたが「ローヤルゼリーつてなんですか?」と質問されたら、なんと答えますか。おそらく「ミネラルのたくさん入った水」とか「おいしい水」「体にいい水」などと答えるのではないでしょうか。

もちろん、そうした見解が全く間違っているわけではありません。ただ、残念なことに日本では、天然自然の水ではないもの、成分にミネラルをほとんど含まないものでも、ローヤルゼリーの一種として販売されているのが現状です。1990年に農林水産省が出した「ローヤルゼリー類の品質表示ガイドライン」によると日本のローヤルゼリー類は、4つの種類に分けられています。

まず、特定の水源から取水し九地下水に加熱や濾過といった殺菌(除菌)がほどこされたものを〈ナチュラルウォーター〉といい、この中でミネラルが地下で自然に溶け込んだものを〈ナチュラルローヤルゼリー〉といいます。そして〈ナチュラルウォーター〉と同じ地下水が水源であっても複数のミネラルを混ぜ合わせたり、人工的にミネラルを添加したりしたものを〈ローヤルゼリー〉と呼びます。それ以外の水、つまり地下水以外の地表水や水道水などを水源としたものはすべて〈ボトルドウォーター〉と呼んで区別しています。このガイドラインは業者向けに作成したものなので、一般の人にはまぎらわしく、ちょっと目を通したくらいではわかりにくい内容となっています。ただ、私たちがイメージしているローヤルゼリーという言葉のピュアなイメージとは、ちょっと違うものだということがおわかりでしょう。

このガイドラインの大きな特徴は、水に含まれるミネラルの量について全く触れられていないということです。だからほとんどミネラルが含まれていない水でも、堂々と〈ローヤルゼリー〉と名乗ることができるわけです。もっと疑問に思うのは、ミネラルを後から人工的に添加したり、複数の水源の水を混ぜたりすることが認められている点です。これだけでローヤルゼリーを自然の水と呼ぶことはできなくなります。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now